NextBack質量分析TOPイオンソース

質量分離(3)

ロッドシステムのサイズを決定する際に重要となるもう1つの基準は、マスディスクリミネーション効果です。 ロッドシステムの直径が大きく、長さが長くなるほど、その効果は小さくなります(図1)。

図1 電子エネルギー:70eVで得られたTFMT(2,4,6-Tris(trifluomethyl)-s-triazine)スペクトラム
上側:QMA400、下側:QMA200
導入圧力:1x10-6mbar

ロッドシステムとHFジェネレータの可能な組み合わせ

QMH 410とQMH 402(QMH 400-1をいわゆる第二安定領域用に改造したバージョン)との組み合わせは除きます。この組み合わせは、4He/D23He/HD、H3/3He、 CH3/15N、CH4/16Oなどの混合ガスの分析用に特別に開発されたものです。

図2 4He/D2混合ガス
リニアスケール(上側)

対数スケール(下側)

NextBack質量分析TOPイオンソース

©2005 HAKUTO Co.,Ltd All rights reserved. *このサイトは当営業部で扱っている製品を紹介する目的で作成されています。