Hakuto科学機器 取扱製品紹介

誘導結合プラズマ発光分光分析装置

■ GBC Scientific Equipment (GBC)

オーストラリアのメルボルン郊外にある分析機器メーカーであり、原子吸光分析装置(AAS)や誘導結合プラズマ発光分光装置(ICP-OES)など、主にアジア、欧州、米国等で30年以上の歴史と多くの販売実績をもちます。

■主な特徴

■ アプリケーション例

油中の摩耗金属分析
エンジンオイルの定期的な分析は車のメンテナンス周期等を検討するための重要な手法の一つです。
オイル中の金属元素濃度の上昇はエンジントラブルの危険性に関する指標となります。

Element
I - Atomic Line
II - Ionic Line
Wavelength
(nm)
Detection Limit
(ppb)
Ag I 328.068 2.0
Al 167.081 2.0
As l 188.979 10.0
Bi 249.773 2.0
BA II 455.403 0.1
Ca II 317.933 2.0
Cd II 214.438 0.8
Cr II 283.563 2.0
Cu I 324.754 2.0
Fe 259.94 1.5
Hg I 184.95 8.0
Mg I 279.553 0.1
Mn II 257.610 0.3
Mo II 202.030 5.0
Na I 588.95 10.0
Ni II 231.064 3.0
P I 177.495 8.0
Pb II 220.353 10.0

■製品資料

“Quantima” Brochure PDF

■本装置の概要

GBC第4世代ICP-OESであり、これまでの世界中のユーザーからの意見を取り入れた上でGBCの開発チームにより研鑽を重ねた結果、最適化されたコンパクトなデザインに革新的な機能を内包し、なおかつユーザーフレンドリーな装置となりました。

Viewing Height Individually
Optimised
3-20 nm
Power 1300 w
Nebuliser Flow Optimised for Pb 0.4 L/min (160 kPa)
Plasma Gas Flow 12 L/min
Auxiliary Gas Flow 1.0 L/min
Sample Uptake Rate 1.0 mL/min
8 rpm
PMT Voltage
individually optimised from 340 - 600 V
depending on concentration level

Measurement Conditions
for Sample Analysis Measurement

Integration Time
On Peak (s) 2
Replicates (s) 3
Background Correction Dynamic
Scan WIndows 0.08 nm 1 st Order
0.04 nm 2nd Order
0.027 nm 3rd Order
0.02 nm 4th Order
Data Points 50
Integration Time 0.1
per Data Point (s)
PAGE TOP