Hakuto科学機器 取扱製品紹介

GBC Scientific Equipment
誘導結合プラズマ飛行時間型質量分析計

■ 装置仕様

■ スマートゲートシステム

GBC独自のイオンブランキング技術であるスマートゲート(SMARTGATA)イオンブランカーシステムは、キャリアガス(Ar)等の高濃度イオンや分析に不必要なイオンを選択除去することが可能です。
直交加速によってフライトチューブに導かれた同じ質量数を持つイオンは、特定の位置に同じタイミングで到達します。
この位置を 「スペースフォーカス」 と呼んでおり、質量数の小さいイオンから順に、各質量数のイオンが時間差で同じ位置にフォーカスされます。このスペースフォーカスに特定のタイミングで電圧をかけることにより、その瞬間にこの位置を通り過ぎるイオンのみを選択的に逸らすことができます。

■ 既知試料の元素組成を指標とした指紋分析

指紋分析とは、ある物質を測定した際に得られる元素スペクトルを標準データ(指紋)とし、次回以降の測定に利用する分析手法です(既に所持しているデータや、公的な測定結果を標準とすることも可能です)。
付属するソフトウェアにより測定データの標準化、統計処理を自動で行うことにより、近似度を自動計算し、主に定期的に測定を行う試料のデータ解析を補助します。
法医学における比較調査や、放射能汚染などの調査にも力を発揮します。

■ 波形サンプル

■ SDS 540 Autosampler

SDS540オートサンプラーは、OptiMass9500の制御ソフトウェアにより本体と連動して動作させることができ、液体試料について多種の自動サンプリングパターンを持ちます。
SDS540は最大540試料を設置可能な、6種の異なるサンプルラックを持ち、多様なサンプリングパターン、高速で均一な測定条件の維持をサポートします。

■ The HG3000PII hydride generator

HG3000PIIハイドライドジェネレータはAs、Bi、Sn、Sb、Te、SeやHg等、試料溶液中で揮発性水素化物を生成する元素を高感度で測定することが可能です。

これらの他、ETV、レーザーアブレーション(LA)、気体中のパーティクル直接導入等、各種試料導入装置との コラボレーションが可能です。詳しくは G5@hakuto.co.jp までお問合せください。

アプリケーション例(一部)

他多数(詳しくはお問合せください)

PAGE TOP