Hakuto科学機器 取扱製品紹介

GBC Scientific Equipment
誘導結合プラズマ飛行時間型質量分析計

■ GBC Scientific Equipment
(GBC)

オーストラリアのメルボルン郊外にある分析機器メーカーであり、原子吸光分析装置(AAS)や誘導結合プラズマ発光分光装置(ICP-OES)など、主にアジア、欧州、米国等で30年以上の歴史と多くの販売実績をもちます。

■ 本装置の概要

誘導結合プラズマ飛行時間型質量分析装置(ICP-TOF-MS)”OptiMass9500”は、ICPイオン化法とTOF型質量分析装置を組み合わせた、世界的にも類を見ない元素分析装置です。
一般的なICP-MS(四重極型質量分析装置)と同等の検出限界と、広いダイナミックレンジ(同時測定が可能な濃度範囲)を保ちつつ、飛行時間型ならではの分解能、質量数1~260の同位体を含む全元素完全同時測定により、他の装置では得られないデータ取得の可能性を提供致します。

■ 主な特徴

■ OptiMass9500装置概要図

■ 測定原理

PAGE TOP